2015年09月30日

リビアングラスの効果?

リビアングラスとは、リビア砂漠で見つかる淡い黄色の天然石で、
隕石の衝突によって出来た(ガラス質)と言われています。

以前、興味を持った時にビーズや原石を購入したのですが、
リビアングラスのエネルギーがあまりピンと来なくて、そのまま放置していました。

しかし、先日のブルームーン(満月)浄化の後、何となくリビアングラスを着けようかな…
と思いつきまして、他の天然石ビーズと合わせてブレスレットを作って昨日からはめていました。
見た目はちょっと可愛い感じになってしまったのですが、手に乗せるとジワ〜ンと響くので、
何だかわからないけど何か効果ありそう♪と思って着けていました。

すると、どうでしょう!?(笑)
今まで、そのうちやろう…と思っていた事に対して、
ポン!っと背中を押される感じで、つい!?行動してしまうんです(笑)

ついでに、
以前だったら相手の機嫌や顔色を気にしたような場面でも、
相手のあり方にそのままOKを出して、自分も自分の在りたいように在ればOK♪
と、スパッと自他の線引きをして、自分にも相手にもOKが出せる感じ…でしょうか(・・?

もしかしたら…ですが(^^ゞ
エンパシー(共感力)の高い繊細な人(人の感情をモロに受てしまう場合)に良いかもしれませんね^^

そんな訳で、ざっくりですが、

リビアングラスは、OK♪を出して前進(加速?)させる石

…かも!?(笑)


 ありがとうございます^^♪ ブログランキング・にほんブログ村へ 感謝で〜す(^-^)/
posted by masam♪ at 23:59 | Comment(0) | 天然石 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

「目覚め」も選択?

昨夜の満月(スーパームーン)は、とても明るかったですね^^

前記事で浄化のメッセージを書きましたが、
精神面の話かと思っていたら、昨日は夕食後にお腹が痛くなりまして…(/_;)
肉体面もスッカリ浄化されてしまいました^^;

それでぐったりしたので早くに寝てしまったのですが、
夜中に目が覚めまして…

(前記事の)壁を解放する事を意図していなかった〜!と気付きまして、

まどろみの中、
ハートの奥へ意識を向けて、まばゆい源泉の光に繋がり、
優しく温かなその光の中で、その光を遮る全ての壁と解きたい(-人-)と願うと…

いや、全ての壁を解いちゃうと、ストーリーが楽しめないよ?

的なメッセージが来まして^^;
源泉の光=私たちの大元と“私”を仕切る壁は残しておく事にしました。
(↑私の瞑想中のビジョン?イメージ?です)

どういう事かと言いますと、
スピリチュアルで言う「目覚め」は、深い部分での本人の選択で、
今まだ目覚めていない人、まどろみ状態の人、パッチリ!?目覚めている人は、
それぞれ、その人の深い部分でそれを選んでいる、という事のようです。

そして、深い?瞑想状態に入ると、それも選択できるみたいですね^^
ただし、その状態では、“私”が消えているので、“私”が選択できる訳ではありませんが(笑)

え〜と、つまり、深い?瞑想状態で大元と繋がると(通常の)“私”の枠が消えて、
深い部分での意図というか、どんな可能性でも選べる中でそれを選んでいる…
大元からの流れみたいなものを知る、って感じ…でしょうか(・・?

そこから通常の意識状態=“私”に戻ると、
えー!何で、そっちを選ばなかったの〜!?ってなったりするのですけどね(笑)


 ありがとうございます☆ ブログランキング・にほんブログ村へ 感謝(^^♪
posted by masam♪ at 09:00 | Comment(0) | 日常の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

満月浄化(富との分離を解く)

今日は十五夜満月でしたね^^
こちらは曇っていて曇り見えませんでしたが^^;

そして明日は、(その年に)最も月が地球に近づいて一番大きく見える満月のスーパームーンです満月
満月時刻が明日の昼前頃なので日本では見られませんが、地球の反対側では皆既月食だそうですね^^

皆既月食と言えば…!?
浄化の時です

上記天体イベントの影響か、今日は初めて、車を運転中にメッセージを受け取りました。
それは富や豊かさに関するメッセージであり、浄化のメッセージでした。

最近チャネリングから離れていたので、言葉への落とし込みが微妙ですが(^^ゞ
必要とする方へ、メッセージが届きますように(-人-)


私たちは先ず、“私”と“私以外”に分けています。
そして、“私”と富を分離し、“私”と豊かさを分離しています。
“私”によって、元々ひとつのものを分けているんです。

私たちの源は一つです。富の源も一つです。私たちの源も富の源も同じなんです。
一つのおおもとに繋がっています。
そこには、全ての可能性があります。まだ現実には現れていない可能性すべてがそこにあります。

富を妨げているのは、何でしょう?
それは世界を“私”と“私以外”に分離する“私”です。富と分離してしまった“私”です。
“私”が、“私”と“私以外”に分離するために、元々繋がっている富と“私”を隔てるために、
“私”が、壁を作っているのです。

今こそ、富があなたへ流れ込むのを妨げるために自ら創造した壁を解放するチャンスです。
この満月の浄化の力を使って、富とあなたを分離する壁を解放する事を意図して下さい。

あなたは元々、無限の富と繋がっています。
あなたがあなたを富と隔てなければ、富は常にあなたと共にあります。


 ありがとう♪ ブログランキング・にほんブログ村へ 感謝です^^
posted by masam♪ at 23:59 | Comment(0) | チャネリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

自分で自分に許可を出そう

今日は母から、“文章が上からだ”と批判されまして、
ズーンと沈んだ後、怒りの感情が湧いてきました。要は図星だった訳ですね^^;

この、感情が反応するのは、
自分で薄々そう思っていて、“自分が”自分を批判していたって事なんです^^;
全くそう思っていなければ、(過去の記憶を元にした)感情反応は起こりません。

他人から“言われたくない”事を言われると、傷ついたり腹が立ったりする訳ですが、
これは自分の中に自分を批判するシナリオがあって、それを他者を通して体験しているんですね^^;

このように最初は感情が反応してストーリーと同化していましたが、
ふと、
!?
ストーリーと同化してる!?
と気づいたら、フッと意識が離れ、

あははははははは(^o^)

と、笑えました。
ストーリーの主人公と化して深刻になっていた自分に笑えた^m^
って感じでしょうか(・・?

世の中には謙虚で誰からも好かれる素晴らしい人もいますが、それはその人の個性です。
一方、文章を書いてる時は上から…かもしれない(笑)私のマインドも個性です。

問題は、上からな文章を書くことではなく、
上からな文章を書く事を心の底で許していなかった(批判していた)自分、なんですね^^
今回そのことに気づいたら、それは個性だからオッケー!と認める事が出来ました^^

誰かに認められても、認められなくても、どちらもOKなんです。
私たちが責任を持つべきは、他人の言葉(称賛や批判)ではありません。
自分の思考や感情等、自分の内から放つものに責任があるんです。

通常の意識状態では他人は分離した存在ですが、分離の意識から抜けると、
それまで他人と見ていた存在は、自分であり、自分の分身であり、また自分の投影でもあります。

自分に優しく♪自分自身の味方でありましょう^^


 Thank You☆ ブログランキング・にほんブログ村へ 感謝です♪
posted by masam♪ at 23:59 | Comment(0) | 日常の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

家族は記憶解放の協力者?

昨日から金木犀が香りはじめまして、ゆるやかに秋の訪れを感じます^^

今日の話は、ホ・オポノポノのDVDを観ていた時の事、
母がその内容を少し耳にして「宗教やってるんじゃないでしょうね!?宗教は人を救わないよ!」と、
その時DVDで流れていた内容に対して否定的な反応を示しました。
そこで「宗教じゃないよ。TSUTAYAで借りたDVDだよ。」と答えたのですが、
私が宗教的に見られる事を怖れ、それを母を通して現実に投影していたのか!?と気付きました。

家族とは…。時に結構!?容赦なく(笑)痛いとこを衝いてくるものですが^^;

衝かれて“ウッ”と来た時、
自分の心の動揺を観察してみると、そこに手放すべき記憶(思い込み)があることに気づきます^^v

つまり、クリーニングする対象がそこにあるよ!と教えてくれる強力な(笑)協力者な訳ですね^^

その事に気づくと、ウッ!と来た後、ハッΣ( ̄□ ̄)として、おぉ!そうか!
と理解が訪れ、ありがたいなぁ♪という気持ちになります^^

ヒューレン博士のホ・オポノポノのDVDによると、
ホ・オポノポノとは記憶を愛する事、記憶を解放する事だそうですが、

ハイ。そうなりますよね^^
かつては苦い思い出だった記憶から感情が解放されると、それも大切な人生の一部♪になります^^

そこで過去の記憶が完了します。それまでマインドの中で続いていたために反応しちゃってた訳です^^;
記憶が解放されればされるほど、反射的な感情反応が起こらなくなっていくんですね^^

ところで、ヒューレン博士の講演DVDによると、
「女性の男性への憎しみの記憶」を癒す(=手放す)と経済状態が良くなるそうですので、
ピンとくる方は、試しにやってみると良いかも!?


 ありがとうございます♪ ブログランキング・にほんブログ村へ 感謝してます(^-^)/
posted by masam♪ at 23:59 | Comment(0) | 日常の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

困った時は助けを求めよう

車の運転練習(もはや趣味のドライブ?)に富士山に何度か行っているのですが、
今夏、静岡県側の富士宮口、御殿場口、須走口の五合目&新五合目へは既にドライブしておりまして、
山梨県側の富士吉田口の五合目も行ってみたいなぁ…と思っていたところに、
富士吉田口の五合目へ通じる有料道路の富士スバルライン(HP)が、
現在、期間限定(11/30まで)、車種限定(普通車・軽自動車・軽車両等)で平日のみ無料
という情報を見つけまして、本日、行ってきました^^

でも、その前に!?
富士山へ向かう道すがら、とてもクネクネした道を走りまして、山道を抜けてホッとしたところで展望台(駐車場)の入口をちょっと通り過ぎてから、やっぱり立ち寄ろうと思いまして、車もあまり来ないし短い距離だしバックで戻ろう…。と、後方から車が来ないか注意しながらバックを始めました。その時に助手席に乗っていた母が、危ない!と声を上げまして、え!?何!?と思ったら、側溝に脱輪しちゃいました^^;
後方(車)に意識が向いていて側溝がある事に気づいていなかったんです^^;

車を降りて、さて、どうしたものかと思いましたが、二人ではどうにもならなそうだったので、
車が通るのを待って、最初の車が来た時に大きく手を振って、お願い止まってー!と念じていたら!?(笑)
止まって窓を開けてくれて、どうしました?と、きれいなお姉さんがにこやかに声をかけてくれました^^
「すいません(^人^)脱輪しちゃったので、手伝って頂けませんか?」と助けを求めると、
おそらくデート中のカップルか若夫婦だったと思うのですが、快く引き受けてくれました^^
しかし、もうちょっと人の力が必要かも…と思ったその時、反対車線からトラックが来まして、
おそらく一目で状況把握されたのだと思いますが、トラックドライバーの方が横を徐行しながら、
「ここダンプも通るから、(早く車を)引き上げちゃうよ!」と声をかけてくれまして、
少し先にトラックを止めて、手伝いに来てくれました。
そしてその方がテキパキ指示を出してくれまして、あっという間に解決しました^^
(その方が私に運転席に乗るよう言ってくれたおかげで、罪悪感を持たずに運転席に座って車を押し上げてもらう事が出来ました^^)
↑そうしなきゃいけないのはわかっていても、自分からは、私が運転席に乗るので持ち上げて下さいとは言い出せなかったので、とても助かりました^^

お礼を言いに車から出ると、トラックドライバーの方は振り向く事もなく颯爽と去って行きました。
きれいなお姉さん&パートナーの方は、もしかしたらパンクしてるかもしれないから…と心配してくれて、
JAFとか入ってますか?大丈夫ですか?とにこやかに声をかけてくれてから去って行きました。

脱輪するのは良い事ではないですけど(^^ゞ
こうして人の親切に触れると、良い体験だったな♪と思います^^

自分だけでは対処しきれない時、一心に助けを求めると、親切な人が現れ、助けれくれます。
不思議と必要な人がやってきてくれます。
見方を変えると、困った時というのは、「人の親切に触れる機会」でもあるんですね^^

それによって感謝の気持ちになるだけでなく、守られているんだな♪と実感したり、
“なんとかなる”ようになってる♪という信頼感が増したりもします^^

そうして一見“困った事”は、ポジティブな体験にコロッと変わるんですね^^


 皆様の親切に感謝です(^-^) ブログランキング・にほんブログ村へ ありがとうございます☆
posted by masam♪ at 23:59 | Comment(0) | 日常の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

秋分は彼岸を感じる日?

今日は秋分でしたね^^

秋分の日は彼岸を感じる日と言いますか、
以前は毎年のように意識があちら側へ引っ張られて境地体験のような状態を経験していたため、
今年はどんな体験になるのかな♪と思っていたのですが、今年はあまり変化を感じませんでした^^;

おそらく、春に風光明媚な静岡に引き上げたから…だと思うのですが、
それまで長いこと相模原に住んでいまして、駅の近くに住んでいたため救急病院も近く、
緊急車両が通る道からも近かったため、救急車や消防車のサイレンの音にずっと慣れていました。

それが今は、耳を澄ませば…
秋の虫が奏でるシンフォニーに、水のせせらぎが聞こえてきます^^

この環境が、普段から時折、意識をあちら側に還らせるように思います。
此岸(しがん)に例えられる通常の意識状態と、自然の中に意識が寛いだ状態を行ったり来たりしているようなんです。

昔、境地体験が起こる頻度が少なかった頃は、そのあまりの素晴らしさに境地体験を追っかけたものでした。そして、それは徐々に起こる頻度が増していったのですが、いつの間にか追い求めなくなっていました。
おそらく、かつては通常の意識状態との“差”があまりに激しかったために追い求めたのだと思います。

どういう事かと言いますと、それを初めて見たときは、超!感動!!
その後、何度見てもやっぱり感動!!だけど、それが身近にやってくると、そのうち、うん♪いいね^^b
くらいな感覚になる…ようなものでしょうかね^^;

都会のように人が密集する場所では、マインドは活発になります。その状況で不意に訪れた境地体験は“衝撃”です。
一方、自然を感じて頭をからっぽにしていると、マインドは休息をとります。その状況での境地体験は…あぁ素晴らしいね♪で終了なんですね^^
その辺りの話については、またの機会に〜(^^)/


 感謝です(^-^)/ ブログランキング・にほんブログ村へ ありがとうございます^^
posted by masam♪ at 23:59 | Comment(0) | 日常の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

目覚めは別次元?

スピリチュアルで言う「目覚め」について、今日は書いてみますね^^

「目覚め」は、夜に眠って夢を見ている状態から目を覚ました時のように、
ある意味、(意識の)別次元への移行です。

夜中に目を覚ましそうになった時、
良い夢を見ていれば目を覚ましたくないですし、薄っすら目が覚めても、また夢の続きを見ようとします。
しかし、悪夢を見ていたら続きなんか見たくないですから^^;一度目を覚まします。
そして、“こっちが現実だ。何も起きていなかった。大丈夫だ。”とホッとします。

これをスピリチュアルの「目覚め」にあてはめてみると…
聖書では「富んでいる者が神の国に入るよりは、らくだが針の穴を通る方が、もっとやさしい」
と表現されるようですが、現実に良い事(執着)がたくさんある間は目を覚ます必要がないんですね。

しかし、例えば心がポキッと折れたりしてマインドが危機的状況になると、現実への執着が薄れます。
その後に何が起こるかと言えば、悪夢の“世界観”が崩壊するんです。
それまでどっぷり浸っていた世界観が、マインドが作り出していた幻想だった事に気づいて、
マインドの夢(ストーリー)から目を覚ますんですね。

“目覚め”とか“悟り”とか、それがなんだかわからない間は、
目覚めれば幸せになれる、悟れば幸せになれる、と思ってそれを目指そうとしますが、
夢の中では、夢の中の世界観に浸っていて現実の事を上手く思い出せないように、
私たちが本来属する次元を思い出せていない(思いつきもしない?)だけなんです。

隣でウトウト夢を見ている人が今どんな夢をみていようが、“本体は”同じ世界にあります^^
目覚めた人は、隣で眠っている人を見て、早く目を覚まさないかなぁ…と思うかもしれませんが(笑)
目覚めていても、眠っていても、どちらでもOKなんですね^^


 ありがとう☆ ブログランキング・にほんブログ村へ 感謝♪
posted by masam♪ at 23:59 | Comment(0) | 日常の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

魂の闇夜は目覚めの一撃?

今日は昨日の補足で、
自分が完全否定され、夢も希望も抱けないほど打ちのめされる事が、なぜ目覚めの一撃になるのか?
について書いてみます^^

悪夢を見た時に、そのショックで夜中に目が覚める事ってありますよね?
あまりに夢をリアルに感じていたために目が覚めた瞬間はなんだか分からない状態になりますが(笑)
夢の中での耐えがたいショックにより、夢の世界から意識が引きはがされます。

これと似たような事が起るんです。

私たちは大抵、物心つくとマインドの作り出す“人生ストーリー”の中で、
そのシナリオで定義される“幸せ”を追い求めてせっせと生きています。
夢の中で“これは夢かもしれない”と疑う事が(滅多に)無いように、
その“ストーリー”に完全同化していて、疑う事がありません。

しかし、
それまで自分が正しいと信じて時に我慢しながらいつか報われると頑張ってきた事すべてが否定されたと感じたり、また自分だけが世界から丸ごと否定されたと感じる事は、マインドにとってもの凄いショックです。
つい!?目を覚ましてしまう程の衝撃なんです。

その衝撃によって隙ができるんですね^^

悪夢から目を覚ましそうになるんです。
最初はウトウトしていてなんだかよく分からない状態ですが(笑)

目を覚ましたら、もう夢の中の主人公は存在しないんです。
もちろん(夢の)記憶はありますが、目を覚ましたら、もはや打ちのめされた人は存在しないんですね。

私という認識に変化が起こります。


 ありがとうございます(^-^) ブログランキング・にほんブログ村へ 感謝です^^♪
posted by masam♪ at 23:59 | Comment(0) | 日常の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

魂の闇夜を抜ける時

今日は彼岸入りですね^^

秋分の日前後は意識が透明になりやすいので、
今日は昨日に続いて「魂の闇夜」の事を、当事者視点で♪

「魂の闇夜」は、当事者のマインド(頭の中)から見れば、“絶望”です。
自分を支えていたものが崩れ去り、もう将来へ夢も希望も描く事ができません。
既に自分の人生はメチャクチャだと感じ、すべてが否定的に見えます。
それを何とかしようと、もがいてもうまくいかず、考えて、考えて、考えて…
しかし、そこにあるのは絶望感と無力感です。

自分(と思っていたもの)が完全否定されたと感じ、打ちのめされます。
ここで命が終わるのなら、それでいいや…と思う事もあるでしょう。
そのため肉体を危険に晒しやすいちょっと危険な状態ではありますが、

これ、目覚めの一撃なんですね^^

その後、もう万策尽きてどうにもならないと諦めて、考えることも放り出した後、

フッと
“静寂”
が訪れます。

その静寂の中で、いのちの方が、身体をいかそうとしている事に気づきます。
それまでは「私(=マインド)の人生」、私(=マインド)主体の人生ですが、
いのちの方が主体であった事に気づき、認識の逆転が起こります。

その静寂は、今までマインドが騒々しくて気づかなかっただけで、ずっと共にあった事もわかります。
しかし、その静寂を感じられるのは最初はほんの一時の事です。ですが、大きな救いになります。

その後も苦しみはやってきますが、その苦しみを作り出していたのが
私(=マインド)だった事に気付き始めます。

“静寂”に委ねられるようになる程、私たちが“いのち”を持っているのではなく、
“いのち”が私たちを生きている事がわかってきます。

そこまで抜けるのに、人によっては何年もかかると思いますが、何とかなるものです^^b


 ありがとうございます♪ ブログランキング・にほんブログ村へ 感謝してます☆
posted by masam♪ at 23:59 | Comment(0) | 日常の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする