2015年07月13日

ザ・シフト

今日は夏らしい暑い一日でしたね〜晴れ

さて今日は♪久しぶりに、ウエイン・W・ダイアーの「ザ・シフト」

を観ました^^(TSUTAYAでレンタル出来ます^^)

3年ほど前に一度ハマって、その時は何度も繰り返し観たものですが、
今回は、良く出来た作品だなぁ…と感心しながら観ました^^

そして、運命の導きに委ねる
…だったかな(・・?といった部分にハッとしました。

私たちのエゴは結果を予想して、コントロールしようとします。
日常のマインドが刺激される場面で、

常に運命が、最高の道へ導いてくれている

とは、なかなか思っていられないものです。
しかし、深い部分では、それが真実である事を知っているので、
エゴが鎮まった時に、ハッΣ( ̄□ ̄)として
結果をコントロールしようとする(抵抗する)気持ちを手放し、受け入れる事を選びます。

すると、予想しなかった素晴らしい現実を受け取る事がありますよね(^_-)

でも、エゴにはそれが予想出来ないから色々イチャモンつけて抵抗するんですよね^^;
このDVDは、既にシフトが起こり始めている人がエゴ優位になっちゃった時に
ハッとさせてくれるように思います^^

“自分に起こる事は全て運命の導きによるもの”として、
抵抗を手放して、受け入れてみる気になるかもしれませんし、
運命への信頼を思い出すかもしれません^^


ありがとうございます♪ブログランキング・にほんブログ村へ感謝してます☆
posted by masam♪ at 23:59 | Comment(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

本当の自分とつながる

考えて、考えて、どうしたらいいのかわからない場合、

押してダメなら、引いてみよ〜♪

って事で^^
それを“ポイッ!”と心から手放して、考える事を止めちゃえば良いのですが、

私たちはむしろその逆に、もっとちゃんと考えなきゃ!
と更に頭を使って、自分の中でより複雑にしちゃったりするんですよね(^_^;)

そこで、ハッΣ( ̄□ ̄)と気づいて、考える行為を手放すと、
その瞬間、私たちは思考との一体化から自由になります^^

思考との一体化から自由になると…

本当の自分とつながります^^

問題(=混乱)が、本当の自分とつながりを取り戻すきっかけ(祝福)に変わります^^b


昨日に続き、「自由への扉」からエックハルト・トールの言葉です^^
(発売元の?Youtube動画:https://www.youtube.com/watch?v=rGOfqlgLXjU
あなたはあなたという物語の主人公として生まれた

うまくいくこともいかないこともあったでしょう
あなたがここに来たのは 物語がうまく進む方法を知りたいからですね そうでしょう? Yes

物語をうまく運ぶ方法があるかと聞かれれば 確かにあると言えます
でも物語の裏を見なければどんな方法も役に立ちません

物語の裏にいる本当の自分と常につながっていれば 物語は自然とうまく進みます
そこには深い次元があるからです 物語の主人公のあなたが本当の自分を知らないとしたら?

本当の自分とは時空を超えた自分という意識、つまり気づきの空間です


p.s.エックハルト・トールのシーンは短いので、TSUTAYAレンタルがおススメです^^
posted by masam♪ at 23:59 | Comment(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

神社で今と一体化!?

エックハルト・トールが出演しているDVD、「自由への扉」観ました^^

前記事:小國神社で、第一チャクラにきますね〜雷といった事を書きましたが、
私は神社で手を合わせた時に、エックハルト・トールが言ってるような事をやってたのかな(・・?
と思いまして。

簡単に説明しますと、
拝殿(=賽銭箱の前)で手を合わせて目を閉じた瞬間(-人-)

感じる事

に意識を集中しているんです。
神社で意識状態が変わるのは気づいていましたが、それを「今との一体化」とは認識していませんでした。

DVDを観て、そういう事だったのか!?
と思うと同時に、神社である必要ないのでは(・・?とも気づきましたので、
(神社は「今との一体化」が起こりやすい仕掛けがあるかもしれませんが)
今後は神社以外でも、もっと日常で、やってみよ〜(^^♪

って事で、
以下、「自由への扉」のエックハルト・トールの言葉です^^

完全に今ここにいれば 人生に必要なものは自然と訪れます

たいていの人は 今この瞬間のパワーを見過ごしています
今ここにある強大なパワーは命そのものです でも多くの人は今を無視して他のものを探します

命のパワーは本当のあなたと切り離すことができません 忘れることもあるでしょう
でも思い出した瞬間に “今を見失っていた”と気づくはず いつでも今に戻ることができます

今に戻った瞬間に 感覚による認識が鋭くなり 気づきの感度が高まります
そして体の中から生きていることを実感します

今と一体化すると体内に流れる波動が変化し意識の状態が変わります
“今 生きている”と強く実感するのです その感覚を何度失ってもまた思い出します それでいい

思考は邪魔してきます“今なんか忘れろもっと大事なことがある”
そのような思考が浮かんだらただ見つめるのです
思考は真実ではないので信じる必要はありません

“今なんか忘れろ”と思考が言ってきたら 立ち止まって感じるのです
手や体のエネルギーを そして周りの美を そうずればまた今に戻れます


もちろん考える時間を持つのは構いません
明日の飛行機の時間は?空港へは何時に行く?電話をかけなければ
そういう実務的なことを考えるのは問題ありません
そして来週の予定などの実務的な思考を終えたら 今に戻ります

内なる変革とは疑問に対する答えを見つけることではありません
思考と新しい関係を築くことです 思考にとらわれない関係を


目の前を魅力的な女性が通り過ぎたら追えばいい
霊的に目覚めたからといって我慢する必要はありません

今この瞬間だけでも 理解しようとすることをやめてみるといい
そうすれば今この瞬間に存在できます あるがままに

あなたが意識の空間であることを忘れてはいけません 存在そのものです
TSUTAYAでレンタルがおススメです^^
posted by masam♪ at 23:59 | Comment(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

未来を思い出す!?

今日、本屋さんで、


という本をパラパラと見たのですが、
「ザ・シークレット」に登場するジョー・ヴィターレ氏共著で、なかなか面白そうでした^^

本の内容紹介に
あなたが《想像できたこと》は、すでにどこかに存在している
願望をかなえている未来の地点から現在を「思い出す」
とあるのですが、

これ、過去に体験した未来視の経験から、
言われてみれば…確かに(・・?思い出すって感じかも!?と思いました。

未来視の場合は、勝手にビジョンが脳裏に浮かんでくるのですが、
既にその可能性(現実)が存在しているのだけど通常の意識状態では視えていなくて、
何かの拍子にアクセス
しちゃう感じでしょうか(・・?

それが現実になった時に、
あぁ!これ!(ここ!)知ってる!前に視た!って思い出します。
でも、それまですっかり忘れているのがミソですが(笑)

ビジョンじゃなくても、

何となく、これは上手く行く気がする♪

って感覚で分かる事もありますよね^^
こちらは直感と呼ばれますが、既に存在する現実(未来)へのアクセスが直感なのかもしれませんね^^
posted by masam♪ at 23:59 | Comment(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

「存在を超えて」(DVD)観ました

ウエイン・W・ダイアー×エックハルト・トール(の対談である)
「存在を超えて」というDVDを観ました^^

さすが(現存する)No.1&No.3スピリチュアルティーチャーですね。
今に寛いで話しています☆DVDを通して“今”に引き込まれます。
気づきのスペースに引き込まれていきます…

チャネリングという表現はしていませんが、
チャネリングの話も出ていました^^
自動書記が“起こる”事である事も。

そして私たちが存在のチャネルになるという事も…

一人一人が自分の本質に繋がり、
内から現われるそのチャネルとなっているとき…☆彡


とても素晴らしい対談(DVD)です。
参考に、以下は「存在を超えて」からの引用です^^

その気付きの中で例えば私が話をするとき…
言葉が来るのです
用意された言葉ではありません
私は人として次にどんな言葉が口から飛び出すかを知りません

どんな時も話の準備は必要ないとイエスも言っています
神聖な魂が体を駆け巡り何と言えばいいか教えてくれると

している自覚はもはやありません

理解が真理に導く訳ではないのです

今に在る状態であれば
本当に知る必要がある事はおのずとわかります

(概念では理解できず)
概念的に理解したいという欲望を捨てる事が出来れば
また自分の中にある概念を超えたものにアクセス出来れば
人生の意味は見つかります

“何か”はあなたを通じて有形化します
あなたがチャネルになるのです

“目標をつくる事で(成果を求めて)無意識になる。”
目標を持って行動しても成果は手放し、“今”の中でその行動を楽しむ
“今”はいつだって目標より重要。それが逆転したら自分を見失っている。
行動を楽しみつつパワーが湧いてくる。目標はあっても意識は“今”にある。
行動に流れ込むパワーを楽しむと、そこからパワーが生まれ目標はおのずと達成する

気付きから人に意識を向ける。思考という形の中で愛そうとしても出来ない。
深層にある気付きとなる事で、気付きの場で他者と繋がり全ての人と一つである(ワンネス)と感じる。


TSUTAYAで見かけて知ったためレンタルしましたが、何度も観たいDVDです^^
posted by masam♪ at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

アカシックレコード?

2〜3日前に、時間調整で立ち寄った書店でたまたま目について、
若月佑輝郎著「実践版! アカシックレコードで人生を豊かにする」という本を買いました^^
これ、スゴイです☆
題名通りのゴールに向かって、その過程が
自分では気付いていない部分の自分を癒すセラピープログラムみたいな感じで、
パラパラ読むような本ではなく、ひとつひとつ何度も繰り返して、自分で気付いて、
腑に落ちて、クリアされて(癒されて)いくワークブックになっています。

本書の“21日間プログラム”の方は実践中なので、今回は、一通り読んでみて、
そ〜だったのか!アカシックレコードだったのか!と気付いた過去の体験から♪

数年前、家で寛いでいた時に過去が走馬灯のように淡々と(思い浮かんで)流れていった事があったのですが、(その時は、そのまま身体から魂が抜けちゃうのでは?と思ったりしましたが(^_^;)) それがアカシックレコード(過去版)を見ていたのか…と。

方向性が切り替わる前、場所を問わず寛いでいる時に一瞬の“ビジョン”を視る事があって、その時は何の事か分からないのですが、後になって、“あ、これは、あの時視た…あぁ、この事だったのか!” と気付く事が何度かありました。それもアカシックレコード(未来版)を見ていたのか…と。

そういえば、以前、瞑想(メディテーションメディテーション(つづき))でビジョンを観たのも、アカシックレコードを見ていたのかな(・・?

と、今まで、点と点だったものが、繋がってきました^^

で、本に話を戻して、この本を実践していくと(予想ですが(^^ゞ)
色眼鏡を外して世界を観る事が出来るようになって、自分自身が癒されて♪
過去も未来も “今” に集約されて(バラバラだったものが、1つにまとまって)
それまで解放厳禁だった扉を開く事が可能になっていくのかな〜♪ なんて^^
posted by masam♪ at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

まじない

今日も、ドン・ミゲル・ルイス著「四つの約束」から、第二の約束の抜粋を^^


29ページ〜
『彼女は言葉の力を知らない。だから、彼女を責めることはできない。彼女は、その母親や父親、他の人たちが彼女にしたことをしただけである。みんな間違った言葉の使い方をしていたのだ。
 いったい何度私たちは、子供たちにこうしたことをするのだろうか。私たちは、子供たちにこうした黒魔術をかけ、子供たちはそれを何年にもわたって、信じ続ける。人々は私たちに黒魔術をかける。しかし人々は、そうしながらも、自分が何をしているのかわかっていない。
…(省略)…
もしその考えを受け入れれば、それは一つの合意となり、あなたは、その考えに自分の力を与える。
…(省略)…
 こうしたタイプのまじないを破るのは難しい。たった一つ、こうしたまじないを破る力があるのは、真実に基づいた新しい合意だけである。正しい言葉を使うために、真実ほど大切なものはない。言葉という剣の片方には、黒魔術を生み出す「嘘」という刃がある。もう片方には、その黒魔術を破る力をもつ「真実」という刃がある。そして、真実だけが、私たちを自由にするのである。』

例を引用すると長くなるので、簡単に説明しますと(^^ゞ
たまたま、やつあたりした時に言っちゃったり、やつあたりされて言われたりした事を鵜呑みにしてしまって、それを(後生大事に!?)引きずっちゃうって事があるんだけど、その事に(言った側も、言われた側も)気付かないんだよ〜…って感じの(^^ゞ話から続いています。
そして、された事(の本質)に気付かないと、自分も気付かないまま(身近な人に?)やっちゃうんだよね〜って感じの話でしょうか(^_^;)

posted by masam♪ at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

光から作られている

今日も、ドン・ミゲル・ルイス著「四つの約束」から^^


序文より
『その時、男の中で何かが起こり、その人生を永久に変えてしまった。自分の手を見、自分の体を感じ、自分自身の声がこう言うのを聞いたのである。「私は光から作られている。私は星から作られている」。
 男は、もう一度、星を見た。その時に、星が光を作っているのではなく、光が星を作っているのだ、とわかった。「全ては光から作られている」と男はつぶやいた。ものの間の空間は、何もないのではない。存在するもの全ては、一つの生きものであり、光は生命の使者なのだ、とわかった。なぜなら光は生きていて、そこには、全ての情報が含まれているからだ。
…(省略)…
いったん、本当の自分が何ものであるのかを知ると、彼は周りを見まわして、そこで見たものに驚嘆した。彼はあらゆるものに自分を見た。あらゆる人間、樹木、水、雨、雲、大地の中に自分を見たのである。
…(省略)…
 彼は、やがては自分も学んだことを全て忘れてしまうことがわかった。』


前半は、現代物理(量子の世界)で言っている話(・・?…のような…(^^ゞ
2004年に浜ホトの晝馬社長の講演を聞いた時、
あぁ、私たちは光で出来ていたんだ☆彡
って分かったような(^^ゞ気がしました。何てスゴイ人だと思いましたね^^
そして、上記引用の後半にあるように…忘れてしまったんですよね(^_^;)
去年、別の(物理の)先生からお話を聞く機会があって、
あぁ、私たちは光で出来ていたんだ☆彡
と、思い出しました^^
でも、また忘れ(^^ゞ…この本を読んで思い出した次第です(^_^;)
そんな繰り返しですね(・・?
でも、何度忘れても、また何度でも思い出すのだから、いっかな(^^♪と思います^^
posted by masam♪ at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

第四の約束から

昨日に続き、ドン・ミゲル・ルイス著「四つの約束」
からの抜粋です^^

62〜63ページ    (太字は、さんさん♪さがみ☆による強調です(^^ゞ)
『 たとえ、その質がどうであろうと、ベストを尽くすことである。もし、ベスト以上のことをやろうとすれば、あなたは必要以上のエネルギーを費やすことになり、結局、ベストではなくなってしまう。やりすぎれば、あなたは体を害し、より長い時間を自分の目標を達成することに費やしてしまう。しかし、ベスト以下しかしなければ、あなたは自分に不満を抱き、自己批判をし、罪の意識や後悔の念を抱く。
 ただベストを尽くすことである。どんな状況でも。あなたが疲れていようが、病気であろうが関係ない。ベストを尽くしていれば、あなたが自分自身を裁くことはなくなる。そして自分を裁くことがなければ、罪の意識を抱くことも、自己処罰をすることもない。いつもベストを尽くすことで、あなたは自分がかかっているまじないを破ることができる
 自分の苦しみを超越したいと思った男が、寺へ行き、師に助けを求めた。男は、師に尋ねた。「師よ。毎日四時間ずつ瞑想すれば、悟れるまでに、どのくらいの時間がかかるでしょう」。
 師は彼を見て言った。「四時間ずつとすれば、まず十年というところだろう」。
 男は、毎日もっと長い時間できると考え、「師よ。毎日八時間ずつ瞑想するとすれば、いったい何年くらいかかるでしょうか」。
 師は彼を見て言った。「八時間ずつとすれば、まず二十年というところだろう」。
 「でも、より長時間瞑想するのに、なぜそんなに長くかかるのですか」と男は尋ねた。
 師は答えた。「あなたがここへ来たのは、あなたの喜びや人生を犠牲にするためではない。あなたがここへ来たのは、生きるため、幸福になるため、愛するためである。二時間の瞑想があなたのベストだとしよう。その時八時間も瞑想すれば、あなたは、疲れ、自己を見失い、人生を楽しむことができない。ベストを尽くせばよい。そうすれば、瞑想の時間の長さに関わらず、あなたは、生き、愛し、幸福になることができよう」。』

posted by masam♪ at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

「四つの約束」から

今日は、ドン・ミゲル・ルイス著「四つの約束」からの抜粋です^^


四つの約束は、

    最初の約束…正しい言葉を使うこと
    第二の約束…なにごとも個人的に受け取らないこと
    第三の約束…思いこみをしないこと
    第四の約束…つねにベストを尽くすこと

で構成されています。以下は、第二の約束からです^^

42〜43ページ   (太字は、さんさん♪さがみ☆による強調です(^^ゞ)
『 全てを個人的に、自分のこととして受け取らないからである。あなたが何を考え、何を感じても、私は、それがあなたの問題であって、私の問題ではないことを知っている。それは、あなたの世界に対する見方なのである。そこに私に関するものはなにもない。そこであなたが関わっているのは、あなたであって、私ではない。他の人は、その信念のシステムに従って、意見を作る。したがって、他の人が私について考えることは、私のことではなく、自分たちのことなのである。
 あなたは、こうも言うかもしれない。「ミゲル、あなたの言うことは、私を傷つける」。しかし実際は、私の言うことが、あなたを傷つけているのではない。それは、あなたが私が言ったことによって触れられるような傷を持っているからなのである。あなたは、自分で自分を傷つけているのだ。ここには、私が個人的に受け取らなければならない理由はない。あなたを信用していないとか、信頼していないというわけではない。私とあなたとは、違った目で世界を見ているということなのだ。あなたは、一つの映画を心の中に作り出す。その映画では、あなたが監督であり、制作者であり、主演の女優または男優なのである。他の全ての人は、助演者なのである。これは、あなたの映画なのだ。
 あなたは、自分が結んだ合意に基づいて、映画を見る。映画の見方は、あなた自身にとっての個人的なものである。それは、あなた以外の人にとっては、真実ではない。だから、あなたが私に怒る時、それはあなた個人の問題だと私にはわかるのである。私は、あなたにとって怒るための言い訳にすぎない。あなたが怒るのは、恐れているからである。あなたは、恐怖を相手にしているのである。もしあなたが恐れているのでなければ、なにも怒る理由はない。恐れているのでなければ、私を憎む理由はないからである。恐れているのでなければ、嫉妬したり、悲しんだりする必要はないからである。』

追記を読む^^
posted by masam♪ at 12:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする